ハーフドームに登る

Half Dome



【重要】
国立公園局は2010年シーズン(5月〜10月)のハーフドーム登頂は、金曜日、土曜日、日祝日については各400名に制限します。(内訳:300名の日帰り、100名のウィルダネス宿泊許可)
今シーズン、ハーフドーム登頂をプランされている方は日程に注意し、必ず事前許可をとってください。
http://www.nps.gov/yose/planyourvisit/halfdome.htm
 ハーフドームはヨセミテのシンボル。「ヨセミテ国立公園大好き!」人間なら、この頂上に一度は立ってみたいと思うことでしょう。しかし往復16.4マイル(26.4km)、高度差1443mの道のり。そして最後はそそり立つ一枚岩をワイヤーケーブルを頼って上がる難関を突破しなけれればなりません。覚悟を決めて、しっかり準備をして出かけてください。これまで私のほか、多くの同行者が頂上に立ちました。(60代の女性もいます。)
 頂上のワイヤーケーブルは5月中旬〜下旬に張られ、10月上旬位に外されますので、この間にのみ登ることができます。
 所要時間はもちろん体力により異なりますが、早い人で約9時間。体力のない女性や子どもは12時間近く(あるいはそれ以上)みておく必要があるでしょう。つまり朝6時、おそくとも7時すぎまでには出発しなければいけません。
 登山口はヨセミテヴァレーの東端「ハッピーアイル」からです。ここからは途中のヴァーナル、ネヴァダ滝への「ミストトレイル」そして途中で分かれる「ジョンミューアトレイル(このトレイルは340km、セコイア・キングスキャニオン国立公園まで続いている)」またクラウズレストなどハイカントリーへのアプローチするためのすべてのルートの出発点です。
 ヨセミテヴァレーの夏はたいへん暑いので、出来るだけ早朝に出発し、気温の上がらない涼しいうちにできるだけ距離と高度をかせぎ、11時〜13時台には頂上に立っておくことが大切です。このことは後に述べる雷対策にもなりますし、また土曜・日曜など登山者が多い日には頂上のワイヤーケーブルで渋滞が発生しますから、やはり早い目に出発するにこしたことはないでしょう。
 カリービレッジやパインズキャンプ場からは10〜15分位でハッピーアイルまで歩いていけますので、5時台〜6時台に出発することが可能です。ですからハーフドーム登頂目的の人はカリービレッジかパインズキャンプ場での宿泊をすすめます。(とくに体力のない方は早めに出発したほうが良い)
 またクルマの方はハッピーアイル手前の「トレイルヘッド・パーキング」にクルマを置いて入山することになります。(トレイルヘッド・パーキング〜ハッピーアイル間は一般車両乗り入れ禁止なので徒歩。)ここにはベア・ボックス(クマ除けの鋼鉄製食料庫)もありますので、くれぐれも食糧は車中に置いておかないように。
 アワニーやヨセミテロッジに宿泊している方(もしくはヴァレー外の宿泊者)で、クルマのない方はシャトルバスの始発の時間が問題です。ヴァレー内シャトルは午前7時からの運行ですから、アワニーやヨセミテロッジに宿泊している方は、このバスより早くに出発しようとすると歩いてハッピーアイルまでこなければいけません。ここまで歩く間(ヨセミテロッジからだと30分以上はかかる)にも時間と体力が消耗してしまいます。つまりアワニーやヨセミテロッジに宿泊している方は必ず始発バスに乗ることが鉄則です。もしくはクルマの同行者がいれば、ハッピーアイル手前の「トレイルヘッド・パーキング」までクルマで送ってもらいましょう。
■注意!!
 必須の持ち物は水2〜3リットル。昼食。キャンディ、パワーバーなど非常食。地図とコンパス。帽子にサングラス、日焼け止め。革手袋(ワイヤーケーブルを手でつかんで登るときに必要、軍手は滑るので×)。そして懐中電灯(日没までに下山できない場合に備えて)です。
 靴は、ハイカットのトレッキングシューズ(軽登山靴)がおすすめです。なにしろ26.4kmも歩くのですから、スニーカーやふつうの運動靴では足・膝はボロボロになるでしょう。
 地図は「Yosemite Valley – A 1:24,000-scale Topographic Map by the U.S. Geological Survey」がお勧めです。ヴァレーのビジターセンターのブックストアで入手しておきましょう(7ドル)。Y.A.のオンラインストアでも入手できます。
 夏は気温が上がり、湿度が低いため体内の水分がどんどん蒸発します。汗をかかないため自分ではわからないのですが、補給をしないと脱水症状を起こし非常に危険です。のどの渇きにかかわらず、定期的に水分を補給しましょう。(1日のハイキングでは2〜3リットルの補給が必須だといわれています。また途中に飲料水の補給が出来る場所はありませんので、ペットボトル2〜3本を入れて持って上がりましょう。(トレイル上で飲料水が切れると危険です。)
 落雷に注意してください。夏の午後は積乱雲が起こりやすく、不意の雷雨に見舞われることがあります。とくに頂上付近では避難する場所がありませんので、ワイヤーケーブルのアプローチを開始する前にはとくに雲行きに注意しましょう。
 決して無理をせず、天候が怪しくなったり、ペースが遅すぎた場合には途中で引き返す余裕も持ちましょう。またこのコースは多くの登山者が通り、またレンジャーも巡回しています。困ったときには遠慮せず助けを求めましょう。
 最後の1枚岩にアプローチするワイヤーケーブルでは、ワイヤーに手をかける前に必ず革手袋をはめて登ってください。(素手だと摩擦で手が真っ赤になります。)
 トイレはヴァーナル滝下の橋、ヴァーナル滝上のエメラルドプール、ネヴァダ滝上の3ヶ所です。これを過ぎると上にはトイレはありません。
 ヴァーナル滝の下の橋から、ミストトレイルとジョン・ミューアトレイルの2つのルートに分かれます。この2つのルートはネヴァダ滝で合流しますので、上りと下りで違うルートが楽しめます。ミストトレイルは川や滝に近く、ジョン・ミューアトレイル(JMT)はその遠景です。またミストトレイルは石のステップ(急登)で、JMTはスイッチバックが中心(長いが緩やか)のコースです。膝への負担を考えると、登りにミストトレイルを使い、下山時にJMTを使うのがお勧めです。
 頂上からの眺めはすばらしいです。ヨセミテヴァレー、テナヤキャニオン、クラウズレスト、Mt.ホフマンやハイシエラの山々。時間の許す限りこの眺めを堪能してください。
 
■ルートの写真

ハッピーアイルからヴァーナル滝へ

ヴァーナル滝からトレイルを見下ろす。(ミストトレイル)
 
ネヴァダ滝です。             ネヴァダ滝上からリバティキャップを望む。

ネヴァダ滝上はビーチのようになっています。お早い下山の方はここで遊んで帰りましょう。ただし、足をすべらせて本流に飲み込まれると一気に滝まで落ちていきます。注意してね。

森の中のスイッチバックが連続します。このあたりは視界も開けず、気分的にしんどいですが、頑張りましょう。
 
ワイヤーケーブルです。足元にはステップも付いています。体感的には「垂直」に近いです。降りてくる人優先。いったん登り始めたら、あとは登るしかない。顔がゆがみ、お尻の穴もしぼむけど、国際協力してがんばりましょう。

ハーフドーム頂上。さあもう一歩、もう一歩端へ、端へ
■ハーフドーム・ハイカーズ・クラブ
頂上を極めた方はぜひ「ハーフドーム・ハイカーズ・クラブ」へご登録ください。

ヨセミテ渓谷での過ごし方〜シャトルバス活用法



無料シャトルバス

ヨセミテ渓谷内は無料のシャトルバスが運行されている。これを利用すれば渓谷内の東半分の多くの部分にアクセスすることができる。渓谷内での自由行動日がまる一日とれれば、シャトルを使って丸一日楽しく過ごせる。
レンタカーで来られた方も、パーキングにクルマを置いて、シャトルで回った方が見どころへのアクセスが楽だ。
ただしエルキャピタンの麓やインスピレーションポイント、ブライダルヴェール滝など渓谷の西半分へはシャトルでは行けないので、グランドツアーやヴァレー・フロアーツアー(ヨセミテ公園内ツアーとアクティビティの章を参照のこと)に参加されることをお勧めする。
なお、車いすマークの付いたバスには前入り口にリフトが付いている。


車椅子の方の乗降の様子

■シャトルバス運行時間とルート
夏期は朝7時〜夜10時まで10分おきに運行、早朝と夜間は20分おき。午後8時30分以降はハッピーアイルへのループ(地図上の一番右端のループ)が営業終了となる。
秋〜春期は日中は15-20分おき、早朝夜間は30分おきに変更される。運行時間・間隔・ルートの詳細は”Yosemite Today”(ゲートやビジターセンターで配布)で確認のこと。
■ヨセミテロッジを起点としたおすすめコース
ヨセミテロッジ→ビジターセンター→ヨセミテミュージアム→ネイティブアメリカン村→ヨセミテビレッジ周辺見て歩き→ル・コンテ記念館→カリービレッジ見て歩き→ハッピーアイルネイチャーセンター→アワニーホテル(テラスでお茶やビール)→ヨセミテビレッジで買い物→ヨセミテロッジ もちろん途中で降りてゆっくりと腰を下ろして景色を楽しんだり、絵を描いたりしてもよいだろう。


ヴァレーの概略とシャトルバスの運行図(.pdf形式440KB)


バスストップNo.はシーズンごとに頻繁に変更されるので地図でよく確認してください。(下には番号を入れません)
■ヨセミテヴィレッジ Yosemite Village/Day Parking/Degnan’s Deli
大きなギフトショップ、レストラン、銀行、郵便局、アンセルアダムスギャラリーなどがある。渓谷のいちばん賑やかなところ。(ここは街だー!)
日帰りのクルマパーキングもある。
ここには各方面へのバスストップが集中しており、アワニーホテル方面はビレッジストア前から。カリービレッジ、ハッピーアイル方面にはその向かい側。ビジターセンターとヨセミテロッジ方面はDegnan’s Deli前から出発するので、乗車するときに間違えないように。(間違えても遠回りして最終的には到着できますが・・・)

ヨセミテヴィレッジの概略図
■アワニーホテル The Ahwahnee
ヨセミテでもっとも高級なホテル。ギフトショップも高級。でも一度は足を運んでみよう。
■ビジターセンター Visiter Center
開館時間は9時〜17時まで。ヨセミテのすべての情報はここにある。カウンターにいるレンジャーに気軽に質問してみよう。日本語の資料もくれる。ヨセミテの自然ディスプレイ、ビデオ上映、シアターも併設されており日中はスライド上映。夜にはコンサートや芝居なども上演される。
ガイドや地図、自然関連の図書や写真集などが充実したブックストアーがある。(Yosemite Associationの会員は割引制度がある。)
隣にYosemite Museumがあり、ヨセミテの先住民の文化展示、屋外には村を再現した展示もある。
■ヨセミテ滝 Yosemite Fall
ヨセミテ滝にはここから400m。徒歩で7〜8分程度。雪解け水が多い時期は水量や飛沫がすごいので注意!。逆に渇水期はチョロチョロなので「なーんだ?」と思うかも。
■ヨセミテロッジ Yosemite Lodge/Camp4
ヨセミテ渓谷で一番大きな宿泊施設。レストラン、カフェテリア、ギフトショップ、コンビニエンスストアもある。キャンプ4はバックパッカーやクライマーに人気の当日受付キャンプ場。
■センティネル橋 Sentinel Bridge/Yosemite Chapel Parking
センティネル橋はハーフドームを眺める絶好のポイントのひとつ。夕方にはベストショットを狙って三脚が立ち並ぶ。橋を渡ればチャペルがある。
■ハウスキーピングキャンプHouse Keeping Camp/ル・コンテ記念館LeConte Memorial Lodge
ハウスキーピングキャンプはチープな宿泊施設。コンビニストアは小さい割に食料関係が充実している。また渓谷内唯一のコインランドリーはここにある。(夕方は結構混んでいるかも)
ル・コンテ記念館はシエラクラブの所有する由緒ある建物。夏期にはボランティアスタッフが常駐し、また講演会などのプログラムも行われる。(スケジュールはル・コンテ記念館またはビジターセンターで確認のこと。)
■バイク&ラフトレンタル Bike & Raft Rental
カリービレッジの自転車とゴムボートのレンタル。緑色の巨大テント倉庫。冬期はアイススケートリンク。
■カリービレッジ Curry Village
カリービレッジは比較的安い宿泊施設。レストラン、ピザ&ハンバーガースタンド、登山学校/ショップもある。日帰りのクルマはここにパーキングがある。
■アッパーパインキャンプ場 Upper Pines Campground
アッパーパインキャンプ場への最寄り。
■ハッピーアイル Happy Isles
ヴァーナル滝、ネバダ滝、ハーフドームへのトレイルはここから出発。朝一番のシャトルはここでおりるハイカーでいっぱい。子ども向けのネイチャーセンターもある。
■ミラーレイク Millor Lake
ミラーレイクへのトレイル入口。
■ステーブルズ(厩舎)Stables
乗馬ツアーに参加する人はここで下車。あらかじめツアーデスクで予約必要。
■パインズキャンプ場 Pines Campground
ノースパイン、ロワーパインキャンプ場への最寄り。

Guidebook to Yosemite

guidebooks.jpg
著者のSteven P. MedleyさんはYosemite Associationの会長。このガイドブックは改訂と版を重ねて、もっとも信頼できるものといってもいいでしょう。この改訂4版からはフルカラーになっています。






オンラインストアからも購入可能できます。

ヨセミテでの食事


ヨセミテロッジのMountain Roomにて

 ヨセミテ渓谷のなかにはレストラン、ハンバーガースタンド、カフェテリアなどいろいろあるが、残念ながら日本食や中華のレストランはない。また美味しいものを期待してはいけない。ここはアメリカなので質より量の世界だ。
 おいしいものを食べたい人は滞在中はちょっと我慢して、サンフランシスコに戻ってから中華街やイタリア人街に繰り出し、思いきりおいしい食事をしよう。
値段の目安:$=7ドル以下、$$=7〜14ドル、$$$=15〜20ドル、$$$$=20ドル以上
(営業時間等はたびたび変更がありますので、「Yosemite Guide」で確認してください。)
ヨセミテビレッジ 8:00〜11:00,11:00〜18:00
●Degnan’s Deli 
サンドイッチ、スナック、スープとサラダのテイクアウト。$
●Degnan’s Fast Food & Ice Cream
ハンバーガーやフレンチフライ、ソフトドリンクなど。$
●Village Grill
ハンバーガーやフレンチフライ、ソフトドリンクなど。$
●The Loft
ピザやサラダなど。$
ヨセミテロッジ 6:30〜10:30,11:30〜14:00,17:00〜22:00
●Food Court
ピザ、パスタ、ハンバーガー、サラダ、パン、デザート、アルコール類。$-$$
●Garden Terrace
最初にレジで肉料理(ターキーかローストビーフ)「あり」か「なし」、飲み物を精算する。あとは種類豊富なサラダやスープ、パスタなどのバイキング形式。コーヒーもおかわり自由。味はまあまあ。レジ前に行列ができることがあるので、ピーク時は外した方がいい。$-$$
●Mountain Room 17:30〜21:30
夕食のみ。ここは肉と魚料理の本格的レストラン。給仕がつくのでチップ必要。$$-$$$$
アワニーホテル
●Dining Room 7:30〜10:30,11:30〜14:30,17:30〜21:00、日曜日はブランチ7:00〜14:30営業。
朝$-$$昼$$-$$$夕$$$$。夕食は予約必要でドレスコード(男性はジャケット+タイ、女性はワンピースやスーツ)があるので要注意。予約電話は209-372-1489
朝食は安価で予約もドレスコードもないので、アワニーの雰囲気を楽しみたい方にはおすすめ。
●Ahwahnee Bar 12:00〜22:00
バーだが、簡単な食事もとれる。私は庭のテラスのパラソルの下でビールやお茶を飲むのが大好きです。豊かな気分になれます。$-$$$
カリービレッジ
●Pavilion 7:00〜10:00,11:30〜14:30,17:00〜20:00(コーヒーコーナーは 6:30〜14:00)
朝昼夕。ごめんなさいあまり印象がない。$-$$
●Taco Stand 11:00〜17:00
タコスやフレンチフライなど。$
●Pizza & Bar 12:00〜21:00
カリービレッジにあるピザの店。ここはBBSでも「美味しい!」と評判。基本はプレーンのチーズピザで、それに自分の好きな具をトッピングとして指定する。普通のサイズはかなり大きいので一人では食べきれない。(一人ならスモールサイズを!)お腹の具合にもよるが2〜3人で普通サイズをひとつ頼むといい感じ。$-$$
ワワナホテル
●Dining Room 7:30〜10:00,11:30〜13:30,17:30〜21:00(日曜日はブランチもあり)
ビクトリア調の建物のなかで優雅な食事が楽しめます。朝$-$$昼$-$$夕$$-$$$。
その他
ハイカントリーのホワイトウルフロッジ、ツォロミーメドウズロッジにも夏期のみレストランがオープンします。
おべんとうは?
1日ハイキングに出かけるときは、あらかじめコンビニストアで昼食を仕入れておこう。パン(ターキーやローストビーフのサンドイッチもある)、ドライフルーツ類、ビーフジャーキー、ミネラルウォーター、ジュース、フルーツ、ミネラルウォーターやジュースなどをデイパックに入れていけばリッチなアウトドアランチの出来上がり。ホテルでは予約しておけばボックスランチを作ってくれるが、結局中味は上記のようなものの詰め合わせです。

Don’t Be Bear Careless!

クマに対して不注意にならないように!



国立公園局では常にクマへの注意を呼びかけている

 ヨセミテでは1997年だけで、ブラックベア(黒クマ)による被害が60万ドルにも達しています。900台以上のクルマが車内にある食糧を狙われて、キャンプ場の駐車場でクマにガラスを割られたり、ボンネットをボコボコにされています。

続きを読む →

BBSでの話題: ヨセミテ訪問報告 2007

帰ってきました。 投稿者:nao 投稿日:2007/08/29(Wed) 17:29 No.798
にしむら@ヨセミテ大好き! さん、toshiさん、yupapaさん、ヤマトさん、無事に帰ってきました。ヨセミテはほんとに素晴らしかった!皆さんの情報を頼りに、楽しい旅行ができました。ありがとうございました。今回の旅行で一番苦労したのは、やっぱりウィルダネスセンターでのパーミットゲット。冷や汗ものでゲットしました。予定日が一杯とのことで、リトルヨセミテバレーでのキャンプは、翌日に変更になりましたが、パターンを考えていたので困ることはなかったです。今回のトレッキングで一番良かったのは、やっぱりハーフドーム登頂ですね。いろんな意味で自信がつきと勇気をもらいました。これからはいろんなことにチャレンジして行こうと思います。また、ヨセミテに行きたいっ!!


Re: 140号線について ぽんちゃん – 2007/08/18(Sat) 20:59 No.772
昨日、ヨセミテより帰国しました。
140号線は、教えていただいた通りに交互通行となっていましたが、行き・帰りとも待ち時間5分以内で通過できました。
実際に土砂崩れ現場を目の当たりにして、復旧にはまだまだ時間がかかるだろうと実感しました。
ちなみに今回、念願のTIOGA ROADに行ってきました!TENAYA LAKEは言葉を失うほどの美しさでした。こちらで紹介のあったTIOGA PASS RESORTのカフェに行って、コーヒーも飲んできました。小さいスペースのお店でしたが、ゆっくりとした時間を過ごせました。ヘッチヘッチー、朝日を見にグレーシャーポイントへ、等ヨセミテを大満喫し癒されて帰ってきました。
来年も是非ヨセミテを訪れようと思います!(ちなみに、滞在中、熊に2回遭遇しました。1回はヨセミテビレッジ内の多くの人がテントを張るすぐ近くでした。)
こちらでの情報が大変役に立ちました。ありがとうございました。


Re: お盆休みにヨセミテ三… ナベ – 2007/08/19(Sun) 00:17 No.773
にしむら@ヨセミテ大好き!さん,レスありがとうございます。本日,楽しいヨセミテ三昧の旅を終えて帰国しました。
簡単にレポートを。
1日目。Mt. Hoffmannへの登山。すれ違った人のアドバイスに
従い,May Lakeから左へ左へとトレイルを進んで山頂目指す。
タイオガパスロードからみて山の裏側が急な崖になっている
ことにちょっと怖気づいているところを,ヨセミテでイン
ターンをされているという日本人女性に励まされて恐る恐る
山頂に。山頂からは,ヨセミテじゅうが見渡せるような景色
を楽しむ。
2日目。Saddlebag Lakeの水上タクシー(往復10ドル)を利用
して湖の奥へ。そこから小川に沿ってトレイルを進むと,
滝と湖が繰り返し現れる。その奥にはMt.ConnelやNorth Peak
の急峻な山がそびえ,氷河も残る。水上タクシーの帰りを
4時に予約していたため,花の写真をとりながら適当なところ
で引き返す。ヨセミテの奥まできたので395号線に下って,
Mammoth付近にある露天風呂温泉にて一休み。ちなみに温泉が
流れる川,HotCreekはガス活動が活発化しているため閉鎖中。
3日目。Lyell Cannyonへのハイク。7マイルほどでMt.Lyellと
氷河が見れるとのことで,川や草原を見ながらフラットな
道を進む。途中,フライフィッシングをしている人を見かけ,
声を掛けると「ちょっとやってみる?」と竿を。なんと,
3投して15センチくらいの鱒が2度ヒット。魚影が濃い様子。
4日目。朝,出発の支度をして駐車場へ向かうと,車を止めた
すぐ横の木の上に熊が。その隣の木には小熊1頭。親子で
リンゴを楽しんでいる様子。脅かさないようそろそろと車に
乗り込み,出発。Glen Aulinをめざす。Visiter Centerから
歩きはじめ,1時間ほどで滝の上の橋に到着。これまでは,
帰りの登り道がきつくなることを案じてここで引き返して
いたが,いくつもの滝や奇岩が連続する川を楽しみながらGlen Aulinのキャンプまで降下。キャンプサイトで昼食,
水補給をして岩伝いに登り。きついどころかとても楽しい
登り道となった。橋からも,往路のトレイルではなく地図に
ない川沿いの道や岩の上を進み,PotholeDomeに到着。
そこからVisiter Centerまでの道が返って長く感じた。
5日目。Curry Villegeをチェックアウトして,予定を変更
してMonoPassへ。1時間半程度で峠に到着。さらにちょっと
歩を進めて峠の反対側の景色を楽しもうとしたが,ガスって
いてよく見えず残念。全てのハイキングを終えて,OakDaleの
友人宅目指し帰路に。途中,TenayaLake手前でキャンピング
カーが牽引している車の火災に遭遇。おかげで道路がしばらく
閉鎖されたが,なんとか夕食時には友人宅に到着。
という具合で,自分なりにいろいろバリエーションのある
ハイクが組めたと満足しています。誤算はYosemiteLodgeの
インターネットがつながり難いこと。ロッジの宿泊客で
なくても,フロントに頼むとワイヤレスのIDとパスワード
をくれるが,なかなか接続できず。周りでも同じように悪戦
苦闘している人をなんども見ました。朝夕,メールチェック
しようとしたのですが,予想以上に時間をとってしまうはめ
に。また,Docomoで貸し出しされた国際携帯は,バレーでは
全く接続できなかったことも誤算でした。
思い切って,最初から俗世とは離れたところと割り切り,
メールチェック,電話連絡などしようと思わなければよかっ
たのかも。
またいつか訪れることができることを期待しています。
ナベ


Re: お勧めのトレッキング… 丹沢が好き – 2007/08/22(Wed) 09:01 No.784
Gaylor Lakeへ行きました。3,000mオーバーのメドウにある湖で、他と赴きが異なり、とっても素敵でした。


6月22日より4泊しました 投稿者:Ringo 投稿日:2007/07/06(Fri) 23:31 No.681
娘と二人で半月ほど西海岸を観光旅行して帰ってきました。
そのうち6月22日よりヨセミテを訪問しました。
6/22:サンフランシスコからレンタカーでエルポータルまで(Cedar Lodge泊)
6/23:ヨセミテバレー(Curry Village、Wood Cabin泊)
6/24:ヨセミテバレー(Yosemite Lodge泊)
6/24:Glacier Point、Mariposa Grove(Fresno泊)
日程的には幾らか余裕を持って行動したので楽でした。
こちらで沢山情報を頂いたのが大変役に立ちました。どうも有難うございます。
Curry VillageとYosemite Lodgeに1泊ずつしか宿が取れなかったのですが、やはり断然Yosemite Lodgeの方がいいですね。Curry Villageでは夜中にBear,Bear,Get out bear!という怒鳴り声を2、3回聞きました。
土、日と重なったためか、車の数が大変多く、駐車場確保に苦労しました。暖冬でとの話でしたが、ヨセミテ・フォールの水量は少な目のようでした。その代り、連日快晴であちこちの景色がきれいに見えました。
今回は散歩程度の歩きしかしなかったので、次回はある程度本格的なハイキングをしたいと思います。
HPまた読ませて頂きますのでよろしくお願い致します。


初めてのヨセミテ 投稿者:ken 投稿日:2007/07/05(Thu) 11:11 No.679
以前公園内の渋滞が心配、という投稿をした者です。
たった1泊ですが、先週金曜日に初めてのヨセミテに行きました。
サンフランシスコ到着後レンタカーで州道1号線を南に進み、モントレーで1泊してから翌朝出発。エルポータルを過ぎ、マーセド川沿いを遡って運転していると、だんだんワクワクしてきました。がけ崩れの迂回路が一方通行なのでかなり待たされて、すぐに復旧できないのか?と思いましたが、実際目の当たりにするとひどいですね、細かい瓦礫で道路が完全に塞がれて、あれじゃ当分通れそうにありません。
ヨセミテバレーで最初に見たのがブライダルベール滝。落水の途中で霧になって消えて不思議な魅力がありますね、しばらく見とれてしまいました。さらに進むとちょっと煙が立ちこめていてヘッドライト点灯のサインが出ていました、トップページで書かれていたマネージメントファイアですかね。
ヨセミテロッジの駐車場に車を止めて、シャトルバスでハッピーアイルに向かい、楽しみにしていたバーナル&ネバダ滝トレイルに出発。ミストトレイルはそれほど濡れず、バーナル滝までは余裕だったけれど、ネバダ滝直前の急勾配はしんどくてヘトヘト。でもなぜか滝のそばでジャグリングをしている人に遭遇して、おかしくて元気出ました。おじさんサンキュー。
復路ジョン・ミューアトレイルは大量の糞が落ちていてがっかり。ヨセミテ滞在で唯一残念な事だったのでなんとかなりませんかね。臭いしなにより歩きづらいので危険。
往復4時間かかりましたが、早い方かな?虫除けにと思って長袖、ロングパンツだったけれど、蚊に刺されることもなく、暑くって失敗しました。水も500ml1本ではとても足りなかった、反省。
直前で一週間予定をずらすことになったんですが、運良くヨセミテロッジの予約が取れました。こまめにチェックしていると結構キャンセル出ますね。高かったけれど、バスタブにゆっくり浸かってドライブとハイキングの疲れを癒すことができたので良かったです。
夜は星がよく見えないくらい満月が明るく輝いていました。ムーンボウを見ようと真夜中にロウワーヨセミテ滝に向かったんですが、人の気配がなく怖くって途中で戻りました。自分の意気地のなさに今頃後悔、行けば良かった。
翌朝早くからロッジ周辺を散策、人も車もまばらで風もなく、朝もやにそびえるハーフドームを眺めながらの贅沢な散歩にただただ感動。本当に来て良かった。ロッジのフードコートで朝食後、ビジターセンターでヨセミテができるまでの展示を見たり、アンセルアダムズの写真を見たあと、ビッグオークフラットからサンフランシスコへ。入園する車の列ができていました。
たった20時間足らずの滞在でしたが、ヨセミテの魅力に触れることができたので大満足。渋滞も全く問題なく、こちらのホームページが大変役に立ちました、にしむらさんありがとう!


Re: マウント・ホフマン 有吉 – 2007/06/27(Wed) 20:09 No.668
22日にマウント・ホフマンに登ってきました。幸いにもメイレイクロードは開通していましたし、持っていった軽アイゼンも使わずすみました。
 7時には駐車場に車を停め歩き始め、鏡のようなメイレイクを見ることができました。帰りは風のせいで、さざなみがたっていたので早く出発してよかったと思いました。でも蚊は早い時間の方が多かったです。
 頂上で1時間ほど過ごしましたがその間、貸切状態でした。とてもすばらしい景色で、登ることができよかったと心から思いました。


ワナナホテルについて 投稿者:ミンミン 投稿日:2007/06/20(Wed) 22:32 No.650
こんにちは!このサイトを参考にヨセミテ旅行に行ってきました。ワワナホテルに泊まりましたので紹介したいと思います。
ワワナホテルはヨセミテバレーからクネクネ山道を車で約1時間。ガソリンスタンドが見えてきたら、すぐお隣の建物です。
でもなぜか「WAWONA HOTEL」の看板が出ていなく、通り過ぎてしまいました。(ホテル自体は大通りから奥まった所にあり)
宿泊したのがバスなしの一番安い部屋。8畳位の部屋のほとんどをベッドで占めてあり、正直「狭い」が第一印象です。でも白とピンクを基調としてとても小奇麗でした。タオル・アメニティも充実しており、中でもバスローブがおいてあったのが嬉しかったです。また、庭や部屋の前に椅子が置いてあり、景色を眺めながらのんびり過ごすことが出来ました。
バス・トイレは共同で、夜中は外に面した廊下を渡らないといけないので寒かったです。建物の周りは灯りで明るいのですが、少し離れて暗闇に立つと、とても星が沢山みえました。
食事は、朝はバッフェ(宿泊者は無料)。ドリンクは給仕してくれます。松ぼっくりをあしらった電灯が素敵でした。ロビーには朝10時頃までコーヒーや紅茶が無料で飲めるサービスがありました。
ランチは、ハンバーガーとサラダを頼んで、注文時に「シェアするんです」と頼んだら、向こうで2人分に分けて出してくれました。それでもサラダなんてかなりの量でした。とても満足できる味でした。
夕飯は、ドリンクとメインを頼んで一人30ドルくらいでした。サラダとかデザートを頼めばそれなりに高くなります。味は、好みの問題でもありますが、私はあまり好きになれませんでした。でも雰囲気はヨセミテバレー内のレストランでは(アワニーは知りませんが)味わえない魅力があります。
2泊しましたが、バレーとの往復が大変でした。夜や雨が降ったら怖くて通れません。一つ間違えれば崖からダイブ!ですから。参考になれば幸いです。
——————————————————————————-
行ってきました 西村 – 2007/06/07(Thu) 14:34 No.630
にしむら様始め皆様いろいろ助言ありがとうございました。
おかげで楽しいヨセミテになりました。行ってきた感想ですがやはり最高でした。ただやはり滝の水量は6月初旬ですが少なく感じました。もっと水量が例年はあると思います。ボートラフティングを今回初めてしましたが、これが実に景色もよく、最高に面白くて楽しい。これで一人21ドルは絶対時間がある人はしてみるべきだと思います。場所はカリービレッジの隣に申し込み所があり、ゆっくり2時間で下れます。
テントには残念ながら電気はついていましたが、コンセントはありませんでした。ドライヤー等はシャワー室で日本製が普通に使えます。また電子レンジですが、カリービレッジのコーヒーショップにあり、使いましたが、何も言われませんでした。食事はカリービレッジのバフェがけっこうおいしかったです。
それとやはりシュラフ等の防寒具は必要ですね。tuolumne meadowのテントはストーブがあり、やはり夜は冷え込みました。そして高度3000Mを忘れていたこともあり、軽い高山病にかかり、頭痛になって参りました。なめてはだめですね。でも景色は最高によかったです。
またぜひ行きたいヨセミテは何度行ってもすばらしいですね。
ほんとうにいろいろありがとうございました。
——————————————————————————–
ボートラフティングの追加… 西村 – 2007/06/07(Thu) 15:04 No.631
書き忘れましたが、ライフジャケットとパドルは無料で貸し出してくれ、2人でマーセド川までちょっと重いですが、運べます。帰りはバスでカリービレッジまで送ってくれます。
みんな途中の景色のいい所でボートを砂浜に上げ、景色を見たり、ゆっくりしていました。水着でなくてもあまり濡れないと思いました。


5月1日と2日の報告 投稿者:maki 投稿日:2007/05/08(Tue) 10:42 No.554
5月1日から2日間だけでしたが、初めてヨセミテへ行って来た者です。
1日目はミラーレイクとバーナル滝へ行きました。暑かったので、ミストを浴びて濡れながらも楽しいトレイルでした。
2日目は雨でしたが、アッパーヨセミテ滝まで歩きました。雨という事もあり、水はそれほど必要なかったのですが、頂上付近に近づくと時雨れて雪になりました。前日は半袖Tシャツ一枚で過ごしましたが、この日は長Tに薄手のフリース、雨用ヤッケを着込んで丁度良いくらいでした。暑くなかったので往復4時間弱でした。偶然の雪の演出で頂上付近は幻想的で素晴らしかったです。
皆さんおっしゃる通り、ヨセミテはじっくり時間をかけて滞在したいところだと心底思いましたが、2日間でも素晴らしい体験でしたので投稿させて頂きました。


ご報告 投稿者:omori 投稿日:2007/05/07(Mon) 13:04 No.552
最近のエントリーで、Tioga Passやグレーシャーポイントの
道路の開通について、コメントさせていただいていた者です。
4月29日から5月1日にかけて、ヨセミテに滞在しました。
1日目はカリービレッジのストーンマンルームに2日目はバス付きのキャビンに宿泊しました。
建物は古いのですが、少しワイルドな中にも快適に滞在することが出来ました。
グレーシャーポイントは開通していなかったので、アッパーヨセミテ滝までトレイルを歩いてきました。6時間半くらいかかりました。これが、予想以上にきつかったです。ガイドブックにあるように、後半は暑く水が足りなくなりました、1リットルくらい持っていたのですが、最低もう1リットルは必要だったと思います。(天気もよかったので特に・・)
達成感はあるのですが、結果的には途中のミドルフォールまでで良かったように感じます。
2日目は、ミラーレイクと、バーナル滝に行きました。
ミラーレイクは、まさに鏡となりハーフドームを写していました。
バーナル滝は、水量が特に多い時期なこともあり、まるで雨のようにミストを浴びびしょぬれになりました。
私も宿泊は、絶対に園内が良いと思います。
シダーロッジもヨセミテビューロッジもかなり離れています。
天気に恵まれ、無事に言ってくることが出来ました。
取り急ぎご報告いたします。


Re: ナパ→ヨセミテ chie – 2007/05/05(Sat) 18:03 No.549
にしむら様
昨日よりヨセミテロッジで一泊し、本日Mountain Viewの自宅まで無事に帰って来ました。本日、ヨセミテはあいにくの雨(午前中はみぞれ)で、にしむら様のグレイシャーポイント情報は家に帰ってみたので、確認出来ませんでしたが、朝ホテルの人に聞いた時は開通していませんでした。(その後、開通したんでしょうか・・・)確かに12時頃はほとんど雨も止んでいました。
昨日はナパからTracyLathropのルートでヨセミテに入りました。途中、少し迷った所もありましたが、ナパを14時ぐらいに出て、約4時間半でヨセミテ公園の入り口に入り、ゲートにはその30分後、ヨセミテロッジには19時半に着きました。途中、写真を取ったりしながら、ホテルまで行ったので、30分ぐらい寄り道をしたのでしょうか・・・やはりナパからだと、5時間は見た方がいいですね!あと、初めての方はGPS(カーナピ)はあった方がいいです。私たちも何度となく、GPSに助けられました。(ヨセミテ内は検索がうまく行きませんでしたが・・)
夜はアワニーホテル内のダイニングに行きましたが、ヒレステーキ+オニオングラタンスープ+ワイン1本(3人で)で一人$90ぐらいでした。味はまずまずです。ホテルの方も親切で、良かったです。あとドレスコードはややきれい目なら、あまり神経質にならなくてもよい感じでした。(ジーンズさえ避ければ良い程度)ギフトショップも充実しており、女性の目からみてセンスが良かったし、店員さんがとても感じが良かったです。
本日の観光は雨も降っていたし、初めてのヨセミテだったので、バレー内を車でまわり、ヨセミテ滝の所だけ少し歩きました。ヨセミテロッジの駐車場から10分ぐらい歩けば、滝のふもとまで行けるので、初めての私たちには十分楽しめました。
12時ぐらいにバレーを出て、マリポサグローブを見学して、途中昼食を取りI-140を通って、自宅まで帰りました。所要時間は4時間半、ちょうど夕方だったので、所々渋滞していました。
今回初めてヨセミテに言って思った事:?ホテルはなにがなんでもバレー内に取った方がよい。数日前にキャンセル待ちが出る事が多いので。私も実際、2日前に取れました。本当はアワニーホテルに泊まりたかったんですが、毎日ネットをチェックしましたが、空きは全くでませんでした。?バレー内は一方通行が多いので、慣れてない人はきちんと地図をみて目的地に移動した方がいいと思いました。
以上、にしむら様にご報告とこれから初めて行かれる方の参考になればと思い書かせて頂きました。これから何度も行く機会があると思うので、次回は是非、グレイシャーポイントに行ってみたいと思います!


Re: 4月の雪とチェーンに… TAKA – 2007/04/24(Tue) 23:32 No.522
4月22日より一泊二日でヨセミテに行ってきました。雪の件ですが、雨は強かったものの夜でもまったく心配する必要もないくらいでした。(夜アイスバーンには注意とのことでしたが)140沿いMariposaという街にはGSが数件あってチェーンのレンタルができるみたいです。大きな垂れ幕で「チェーンレンタルあり」というのを見かけましたので簡単に見つかるかと思います。もし来年の冬、雪のシーズンにヨセミテに行かれる方は140沿いのGSでレンタルできるかと思います。帰りは120で帰りましたがGSはあったものの看板などでチェーンのレンタルという表示はありませんでした。140ルートが確実かと思われます。
アワニーホテルに宿泊しました。とてもよいところでサービスも素晴らしかったです。宿泊者でなくてもホテルの中を見てまわれるので時間があれば覗いてみても良いかもしれません。ホテルのディナーはかなりオススメです。あのムード、サービスから考えて非常にリーズナブルな料金でした。ボリュームたっぷりのメインディッシュで$21?$40、サラダ、スープなどは$10前後、ワインもボトルで$30、グラスで$7ぐらいからあります。3人で$200くらいでした。大満足です。ただ、ドレスコードがあります(中には数組ジーンズで来ている方もいらっしゃいましたがちょっと恥ずかしいかもしれません)ネクタイは要りませんが、ジーンズ、スニーカーは避けて
行きましょう。ちなみに私はシャツにパンツ、革靴でノーネクタイでした。朝はビュッフェかアメリカンを選べます。値段は$17くらいです。ビュッフェを食べましたが、豪華な内容でした。朝は10:30までやっているとのことでしたので朝食を食べにいくのも良いかもしれません。
一泊二日と短い時間でしたが、2日目は天気もすばらしく大自然を満喫できました。至る所で動物達と遭遇できたのも感動てきでした。2泊3日だとのんびりまわれそうですが、1泊2日でも十分満喫できるかと思います。(レンタカーで園内の移動が自由な場合ですが)いつかまた行きたいと思っております。いろいろ情報を提供して頂きありがとうございました!!


Re: はじめまして。 Toyo – 2007/04/21(Sat) 22:57 No.515
お返事ありがとうございます。
2日目は雪が降ってきてかなり寒かったですが(得にトラムツアー)楽しい旅行ができました。
マリポサグローブでは、子供を抱っこして1時間半歩きましたが、行く価値はありました。
ちなみに、LAからヨセミテ南ゲートまで6時間かかりました。
こちらのHPをとても参考にさせていただきました。
有難うございました。


ありがとうございました 投稿者:ten 投稿日:2007/04/13(Fri) 13:43 No.505
先日いろいろ質問してお世話になったものです。
日本からの父と母と2歳の息子を連れて二泊三日で行ってきました。
結局、シダーロッジに泊まったのですが、こちらも悪くはなかったのですがやはりバレーの外でしたらビューロッジのほうが少し近くて、よかったかなとも、思いました。
子供連れなので、歩ける程度でまわりましたが、どの滝も水量が多くて素敵でした。
また、カリービレッジのピザも噂どおりおいしかったです。
夜ご飯がなかなか満足できるものがなさそうでしたので、二日目はスーパーで買ったもので部屋で食べました(かなり満足)そういう面からもキッチンがついている、ビューロッジのほうが良かったかもしれませんね。
LAからの運転が不安でしたが、思ったよりスムーズに楽しめました。
5年ぶりぐらいにいきましたが、ホントにたのしかったので、また近いうちに行きたいな?とおもっています。
これからも、ヨセミテの四季をお知らせください。
ありがとうございました。


18年前の新婚旅行以来の… 投稿者:Eddy Tanaka 投稿日:2007/03/23(Fri) 07:41 No.432
初めて投稿させていただきます。
思えば、シアワセの絶頂の頂点の時に向かったハネムーンの先がヨセミテでした。89年の6月です。何の因果か、3年前から今は、ロスで駐在をしています。
子供(8歳)を含む2家族でアワニーホテルに4月の初旬に3日間滞在します。
恐縮ですが、忘却の彼方となってしまった思い出をかき集めていますが不明なので、現地の件で、アドバイスをいただきたく思っております。
1.まず、雪などで行動が制限される時期でしょうか?
2.公園内のツアー(あちこちをトラムカーで案内してくれて、グレイシャーポイントまで行ったような気がします)は、今も健在で、かつ前日予約をヨセミテロッジで行ったような気がしますが、今も同じでしょうか。(いくつかコースがあったように思います)
3.アワニーホテルからは、ツアーは出ないのでしょうか?
4.到着日(多分お昼過ぎ)に、8歳、10歳の子供を含めた家族でのトレールで、景色が良いところを教えていただけますでしょうか?
5.2日目にQ1のグレイシャーツアー、3日目(午後に帰る予定です)に乗馬を行いたいと思っておりますが、乗馬はどの様に予約などができるのでしょうか?
6.最後ですが、アワニーホテルはディナーは正装と聞いていますが、男性・女性とどの程度の正装が必要なのでしょうか?
まさか、タキシードではないとは思っていますが、、
また、アワニーには初めて泊まりますので、何か楽しみ方や注意点などありましたら、教えていただけると助かります。
情報をお持ちの方、どうぞよろしくお願いします。
Re: 18年前の新婚旅行以… Eddy Tanaka – 2007/04/11(Wed) 06:56 No.502
にしむら様
お陰様で、4月7日?9日まで、アワニーホテルに滞在し、18年前のヨセミテを楽しむ家族旅行を無事に終了し、ロスの自宅に帰ってきました。 貴重なアドバイスをいただき、ありがとうございました。
1.本当に今年は雪が少ないようです。ミラーレイクにも行きましたが、ひえ上がりもそう遠くない感じでしたし、ヨセミテ滝などの推量もとても多かったです。
2.グレイシャーポイントに行く道は閉鎖されていました。バレー内で行動していると、そう遠くなく開通するように錯覚する程日中は暖かいヨセミテでした。
3.バレー内のトラムツアーは、ヨセミテロッジから出発しました。(18年年前とちょっとコースなどが異なるような気がしました)
4.到着日は、南ゲートから入ったため、開通していたマリポサ・グローブに出かけて、ジャイアントセコイヤの森を楽しむハイキングを行いました。ヨテミテ滝は、2日目のお昼をトラムツアーの後で取りましたが、食後のウオ?キングとして楽しみました。
5.Stableから、ミラーレイク方面に出かける2時間の乗馬を体験しました。 にしむらさんに相談した後で、電話での予約を事前にしておきましたが、結構予約は詰まっているようでした。でも、朝9時からの乗馬は、まだ気温が低い中で開始されますので、近々いかれる方は、防寒具とグローブなどをご用意された方がいいと思います。
6.私達は、ジャケットにタイを締めていきました。同様のアメリカ人の方も多かったです。が、割とカジュアルなスタイルで食事していた人たちも多かったです。ジャケットがあれば、タイは不要のようです。 ジーンズの人は、誰もいませんので、ご注意いただければと思います。 子供を含む6人で約300ドル(チップ込)と、格式の割には、リーズナブルな金額が設定されているように思います。 ワインもボトルで50ドルのものを楽しみました。 グランドピアノによるライブの演奏をしていて、従業員の女性が2回ほどボランティアで歌を披露してくれていました。 とても至福を感じるディナーを楽しんだ次第です。
なお、8日の日曜日は、イースターでしたので、子供向けの企画で、ホテルの庭でホテルが前の夜か、朝早く準備した「タマゴ探し」のゲームを楽しむことができました。
以上、報告させていただきます。 ありがとうございました。

キャンプ場営業開始

NPSからヨセミテヴァレー内のキャンプ場営業開始のおしらせです。ロワーパインが3/26、ノースパインは4/9からです。アッパーパインは通年営業です。予約がいります。

Lower Pines Campground will open for the season on Friday 3/26.North Pines will open on 4/9.Both campgrounds are on reservations. (M. Carter – 3/29/04)

BBSでの話題: ヨセミテ訪問報告 2006

行ってきました! ご報告&御礼 まゆ – 2006/09/18(Mon) 13:38 No.279
にしむらさんはじめ、皆様こんにちは。
8月末〜9月頭にかけてヨセミテへ行ってきましたので、ご報告致します。
1日目 サンフランシスコ午前着後、空港でレンタカーを借りユニオンスクエア周辺のホテルへチェックイン。
市内観光。風が強く寒かった。初日からフリース着用。
2日目 時差ボケで早朝目が覚めてしまった為、夜明け前でしたがヨセミテへ向け出発。
途中一度道を間違えたが、順調にヨセミテ到着。
バレーに立ち寄り、トンネルビュー、マリポサグローブ、グレイシャーポイントへ。
グレイシャーポイントでは、山火事の煙が立ち昇っているのが見えました。
El portal泊
3日目 ブライダルベール滝見学後(水量少)、バーナル&ネバダ滝 ハイキング。
行きはミストトレイル(バーナル滝のミストは少量、滝つぼの虹が綺麗だった)、帰りはジョン・ミュア・トレイルで。
El portal泊
4日目 El PortalからLee Vining へ移動。Tioga Road沿いを観光。
May Lakeハイキング、オルムステッドポイント(工事中でしたが写真を撮らせてくれました)、Tenaya Lake、
Tioga Lake、Ellery Lake。
こちらでも紹介されているMobil Gas Station で給油&食事
Lee Vining泊
5日目 今回のハイライト、Rower & Upper Cathedral Lake ハイキング。
花はもう遅いかと思っていましたが、ルピナスが沢山咲いてしました。名前不明の花も幾つか・・・。
Upper Lakeでランチタイム。いつまで見てても飽きない景色ですね。色々な角度からのCathedral Peakもすばらし
かったです。なんといってもEcho Peaksを過ぎたあたりでトレイルを左にはずれ、名もないPeakからの360度の
大パノラマには圧巻。帰りには鹿の親子に遭遇。
Lee Vining泊
6日目 Mono Lakeの奇岩と変わったハエ、エビを見て、湖水を味見。しょっぱかったです。
June Lake Loop Roadを一周してから、ヨセミテに別れを告げ、NAPAへ。
NAPA泊
7日目 ワイナリーを2箇所見学後、ゴールデンゲートブリッジ経由でサンフランシスコへ。
残りの市内観光。
8日目 帰国の途へ
すっかりハイシエラにはまってしまいました。
次回はハイキング三昧の毎日を過ごしたいと、来年の計画を始めました。(地図やガイドを買い込んできました)
7月に行きたい所ですが、仕事の都合でどうしても今年と同じ時期となりそうです。
このサイトに出会い、皆様からアドバイスと情報を頂けたおかけで楽しい旅となりました。
本当にありがとうございました。また今後もよろしくお願い致します。


今年はご報告させてください。 ひろみ – 2006/08/27(Sun) 22:36 No.259
 昨年は何のご報告もせず1年が過ぎてしまいました。今年こそ…報告させてください。英国テロ未遂事件の直後の12日に成田を出発しました。3時間前に空港に到着したというのに雷雨のため出発は3時遅れ、サンフランシスコからの120号でも途中で山火事で足止めを1時間ほど食いました。7泊のヨセミテ滞在は以下のようなスケジュールでした。
13日 グレーシャーポイント近くタフトポイントまでのレン    ジャーウォークに参加。夜はヴァレイのスターゲイジ    ングレンジャーウォークで天の川や流れ星を満喫。
14日 ラフティングで1日過ごす。
15日 Tuolumne Meadouws の伏流水のお話レンジャーウォ    ークに参加。そのまま、ロッジに滞在。ろうそくの宿    なのにレストランの食事がおいしいことにびっくり。
16日 Tuolumne Meadouws のバードウオッチングレンジャ    ーウォークに参加後、乗馬2時間。
17日 ヴァレィに戻り、グレイシャーポイントからセンチネ    ルドームで360度のパノラマヴューを楽しむ。
18日 10歳の息子のたっての望みで二度目のラフティング、    しかし、水量少なくほとんどフローティング&プッシ    ングです。
その後サンフランシスコに1泊して戻りました。滞在中に来年の予約もしましたが、やはり、7泊となるとヨセミテロッジのスタンダードも取れず、177$の部屋でした。ヴァレイでは宿泊施設を増設中、人は増えて欲しくないけれど、宿泊予約はしやすくなってほしいと複雑な心境です。


結果報告 nona – 2006/08/27(Sun) 23:48 No.260
こんばんは。過去ログNo.82で、いろいろ教えて頂いたnonaです。
こちらのサイトで様々な情報を教えて頂いたおかげで楽しい旅ができました。ありがとうございました。
【結論】
ヨセミテ最高!本当に良かった。歩きたい所がいっぱいあったのですが、時間なく消化不良気味。3泊4日では短いですね!また行きたいです。
では、以下、帰国報告です。
【旅程】
8月13日
昼前にSFO着。レンタカーでスタートしたとたんハーツの建物を出て右折する際、左車線に入ってしまい、家族全員凍る。でもなんとかモントレーに到着。ホテルに荷物を置いて観光。フッシャーマンズワーフや17マイルドライブへ。道沿いのGOLF場で海越えのショートホールに感動。モントレー泊。
8月14日
8:30モントレーを出発しヨセミテへ。途中何度か道を間違えて1時間程余計に掛かって14時頃南エントランスより入場。マリポサグローブの駐車場が満車だったのでワヲナに駐車して無料シャトルでマリポサグローブへ。15:45のトラムツアーに参加。見学後バレーへ。途中トンネルビューで感動。19時頃カリービレッジにチェックイン。駐車場が満杯で困りました。夕食はピザ。カリービレッジ泊。
8月15日
目がさめて寒さに驚く。8:15頃歩いて出発。ハッピーアイルまで歩き、更にヴァーナル滝上までハイク。水量もそれなりにあり迫力ありました。その後車でグレイシャーポイントへ。途中分岐点を先頭にすごい工事渋滞で時間かかりました。でも感動の風景でした。午前中歩いた所を上から確認。ネバダ滝下まで行けば良かったと後悔。カリービレッジ泊。
8月16日
8:30頃車で出発。ツォロミーメドウズへ。途中オルムステッドポイントとテナヤレイクに立ち寄る。そしてストアでパンを買ってレンバートドームへ。最後の岩場の急斜面にビビリながらもなんとか頂上へ。感動。パンが美味かった。帰りにDogLakeに立ち寄り、また感動。素晴らしかった。その後メドウを歩いたりした後バレーに戻る。ツォロミーメドウズって意外と遠いんですね!カリービレッジ泊。
8月17日
9時頃チェックアウトし、ビレッジストアで買い物。最後にもう一度トンネルビューで感動した後、バークレイに移動。途中道は間違いませんでしたが工事渋滞等があり時間掛かりました。17時頃着。時間なく観光せずホテルで洗濯しただけでした。バークレイ泊。
8月18日
9時頃出発。リッチモンド〜サウサリート経由でゴールデンゲートブリッジを見て市内に。ロンバートストリートのクネクネ坂を車で実際に降りてみました。ヨセミテの後では感動イマイチ。12時頃ユニオンスクエア近くのハーツの営業所にトヨタ・カムリを返却。計826.4マイル運転しました。ホテルチェックイン後市内観光へ。ユニオンスクエア周辺ホテル泊。
8月19日
終日サンフランシスコ市内観光。大都会は疲れます。ユニオンスクエア周辺のホテル泊。
8月20日
BARTでSFOへ移動。昼頃にSFOから帰国。


ヨセミテでの過ごし方(車無し) フッタ君 – 2006/05/15(Mon) 10:35 No.99
 はじめまして、フッタ君です。今年の夏、妻と二人でヨセミテを訪れようと計画しております。ロッジの予約も取れました。
 ヨセミテを堪能するために、しっかり、延泊の手配も済ませましたが、悲しいことに私たちは二人ともペーパードライバーで、ここに書き込みをされていらっしゃる皆さんのようにレンタカーであちこち回るということができません。
 以下のような日程ですが、フリーの時にいく、お勧めポイントはどちらでしょうか。また、その他どのようにして過ごしたらよいでしょうか。二人ともカメラが趣味で、美しい景色を撮ることを楽しみにしています。
 昨年の夏、屋久島(宮之浦岳)に登っていますので、平均的な体力はあると思います。
 よろしくお願いします。
8月12日 サンフランシスコ着
8月13日 ヨセミテ着 半日ツアー会社による観光(トンネルビュー、ブライダルベール、エルキャピタン、ハーフドーム等)
8月14日 ツアー会社による観光 朝8時よりグレーシャーポイント観光。(約4時間)終了後 自由
8月15日 終日自由
8月16日 終日自由
8月17日 午後ヨセミテ発
8月18日 サンフランシスコ発
Re: ヨセミテでの過ごし方… suyama – 2006/05/16(Tue) 04:34 No.100
水の少なくなっている時期なので、川や滝はイマイチなんですよね。
マリポサグローヴへはバスツアーが出ていると思います。
カメラが趣味ならばジャイアントセコイアは良い被写体になると思います。
レンタカーなしで日帰りは結構タイトですが、ハイカントリーへ繰り出すことも可能でしょう。
タイオガパスまで行ければ、その時期でもかなり潤った景色に出会えるのですが、時間的にはかなり厳しいかと思います。
もしくは、すっぱり体力系に切り替えてハードなハイキングにチャレンジとか。(笑)
せっかくのバレー滞在ならハーフドーム登頂もできますよ。
8月のハーフドームはあまり推奨はできないのですが。
満月は9日で、その後の月の出は深夜になります。
深夜にロッジ周辺で、月光の元で写真撮影というのもありかな。
Re: ヨセミテでの過ごし方… ヤスト – 2006/05/17(Wed) 07:31 No.101
3日目はグレーシャーポイントからパノラマトレイルを使ってネバダフォール経由で歩いて降りてくるのも楽しいですよ。
パノラマトレイルは高低差も比較的少ない道です。
22歳の頃,6時間ほどかけて歩きました。
まあ,ツアー途中で離脱が可能かどうかですが。
マリポサグローブへのバスツアーにぼくも1票。
バスツアーは利用したことがないのですが,マリポサグローブへは2度行きました。
あまりの大きさにはしゃいでしまいました。
旅の思い出にハーフドーム登頂もいいと思います。
僕の友人はケーブルを見上げて「無理」といって諦めましたが,170cm80kgは登りましたので是非挑戦を。
基本的にsuyamaさんのアドバイス通りですね。
Re: ヨセミテでの過ごし方… フッタ君 – 2006/05/17(Wed) 08:15 No.102
 アドバイスありがとうございます。いただいたアドバイスを中心に計画を立てて行こうと思っています。
 こちらで計画を立てるために参考資料を探しているのですが、なかなか現地の詳細の地図などが見つかりません。ホームページに掲載されているのはトレイルがはっきりしないものが多いように思います。(やっぱり、英語の地図しかないのでしょうか)
 まずは位置関係をはっきりさせようと思うのですが、そんな地図のありかをご存じないでしょうか。
Re: ヨセミテでの過ごし方… suyama – 2006/05/17(Wed) 08:39 No.103
オフィシャルサイト(nps.gov)のマップよりも詳細なものをお望みですか?
Park全体
http://data2.itc.nps.gov/parks/yose/ppMaps/YOSEpark2003%2Epdf
Valley拡大
http://www.nps.gov/applications/parks/yose/ppMaps/YOSEvalley2003.pdf
地名がカタカナ表記されているものをお探しということでしょうか?
Re: ヨセミテでの過ごし方… フッタ君 – 2006/05/18(Thu) 08:46 No.105
 ええ、できれば、カタカナ表記がありがたいです。贅沢言ってすみません。
 教えていただいた地図を印刷しようとすると、どうしても、文字が小さくなり、つらいものがあります(汗)。なんとか、valley拡大地図の地図の部分だけを印刷する方法ってないのでしょうか。
Re: ヨセミテでの過ごし方… ヤスト – 2006/05/20(Sat) 13:31 No.108
PDFの印刷画面にページ処理といものがあります。
ここの「ページの拡大縮小」を『すべてのページを分割に』にします。
「倍率」を『400%』にします。
そうすると拡大されて印刷されますので,必要な部分だけをつなぎ合わせることで大判の地図を手に入れられます。
あとは現地で地図を買うことですね。
Re: ヨセミテでの過ごし方… フッタ君 – 2006/05/22(Mon) 12:20 No.109
 ヤストさま、ありがとうございました。さっそく、やってみました。
 世話のかかる奴で申し訳ありません。
 地図ですが、amazonでMap of Yosemite Valleyを注文しました。表紙に日本語が書いてあったので、届き次第(6月中旬ごろ)、ご報告します。
Re: ヨセミテでの過ごし方… フッタ君 – 2006/07/11(Tue) 11:39 No.199
 地図ですが、結局1ヶ月待たされて、在庫切れの返事がありました。
 そこで、改めて”National Geographic Destination Map Yosemite National Park (Yosemite National Park Destination Series)” National Geographic Society; ハードカバー; ¥ 1,743 を注文したところ、1週間で届きました。
 もちろん、全文英語すが、簡単なガイドなどもついていて、大変便利です。(と言っても、内容的には、こちらのホームページの方が情報豊富な感じですが)
 お約束しておりましたので、遅まきながらご報告まで。
Re: ヨセミテでの過ごし方… toshi – 2006/07/11(Tue) 14:11 No.200
少し使いづらいですが、これも役に立つかも知れませんね。
ttp://casil.ucdavis.edu/mapsurfer/
マリポサカウンティをズームインして見てください。
すべてのヨセミテ地形地図は、USGSの地図(日本で言うところの国土地理院)がベースになっています。
Re: ヨセミテでの過ごし方… mumumu – 2006/07/11(Tue) 21:06 No.201
昨年、こちらのサイトでお世話になり、ヨセミテに行ってきました。
その時のログが消えているので、再アップします。
参考になると嬉しいのですが。
ちなみに昨年ヨセミテに行ったことでアメリカの国立公園に魅せられ、今年はYellowstoneに行きます。
とても楽しみです。
—————————————
日曜日に帰って来ました。
にしむらさん、toshiさん、OTOMOさん、行く前にいろいろ情報をいただき、どうもありがとうございました。
本当に精神的に贅沢で優雅な1週間を過ごすことができました。
旅行の報告をさせてください。
1日目 SAN FRANCISCO着。
FISHERMAN’S WHARFをぶらぶら。
夜、ALCATRAZ NIGHT TOUR。
おどろおどろしくて、良かったです。(でも、霧で夜景は全然見えませんでした。)
2日目 SAN FRANCISCOからYOSEMITEへ移動。(PARLOR CAR TOURSのtransportationのみ利用)
途中、ハンバーガー・ショップ兼コンビニに立ち寄ったので、そこで昼食を買う。
(時間が無いので、そこでは食べられない。バスの中に持ち込んで食べる。)
TUNNEL VIEWなどを見てからYOSEMITE着。
まず、YOSEMITE VILLAGEに行き、リュックなどを購入。
途中に見えるYOSEMITE FALLSがあまりにも魅力的なため、VALLEYを1周する予定を止め、LOWER YOSEMITE FALLに行く。
行くと、なおさら魅力的なため、滝つぼまで行きたくなる。
靴を脱いで、滝つぼの上まで岩の上を進む。
最初からYOSEMITEの魅力にはまる。
COOK’S MEADOWで夕日を見る。
宿泊はYOSEMITE LODGEのAZALEA1階角部屋。
景色は臨めなかったけど、フロントやショップに近く、とても便利な部屋だった。
3日目
COOK’S MEADOWで朝日を見る。
ここには、つがいのmuleがいて、その後も何度も見る。
GRAND TOURでGLACIER POINTとMARIPOSA GROVEへ。
GLACIER POINTは、本当に素晴らしく綺麗だった。
(トレッキングする予定のVERNAL FALLやNEVADA FALLが見え、その高さにびびる。)
でも、このツアーは、YOSEMITE滞在中、唯一印象悪し。
理由は、ガイド兼ドライバーのSAMが(たぶん日本人を嫌いなんだと思う)やたらと日本人を揶揄する発言をしたり、MARIPOSA GROVEでは、足の悪い老人を助けなかったり、自分の自慢話ばかりしたり etc。
他のトラムの人たちはイヤホンで説明を聞いていたのに、GRAND TOURの私たちだけは、ずーーとSAMの話。
MARIPOSA GROVEのジャイアント・セコイアも、途中で見飽きてしまった。
GLACIER POINT TOURのみ(SAM以外のガイドで)参加すれば良かったと思う。
夕方。
今日こそ、VALLEY内を一周するつもりが、夫が三脚をバスに忘れ、それを探し出すのに1時間半くらいかかる。
結局、CURRY VILLAGEだけを見る。
4日目
朝、SUNSHINE PHOTO WALKに参加。
連れて行かれたのは、毎日行って写真を撮っているCOOK’S MEADOW。
でも、場所や撮影のポイントを教えてくれて、とても良かった。
午前中、RAFTING(というよりは、FLOATING)
川に出るまでと出てからのボート運びが大変。
途中で泳いだりして、2時間以上かかる。
景色が素晴らしいので優雅な気分に。
水が少なくなっているので、1箇所は降りて自分たちでゴム・ボートをひっぱる。
MERCED RIVERで泳いだのは、結局、この時だけだったので、すごく嬉しかった。
午後、自転車でVALLEY一周。
HAPPY ISLEも下見する。
5日目
TOULMNE TOUR参加。
ガイド兼ドライバーのCHARLES(?)は、5ヶ月かけて、カナダから南に山を縦断した人。
だから、トレッキングなどの情報にすごく詳しい。
まず、「何をしに行くのか?」と聞かれる。
「VISITOR CENTERで降りてSODA SPRINGSからハイキング。LEMBERT DOMEは登らない」と答えると、ハイキングならばTOULME LODGEからトレイルに入り、JOHN MUIR TRAILを進み、その後SODA SPRINGSを見ることを進められる。
素直にアドバイスに従う。
TOULME LODGE近くのトレイルの橋からの景色はとても綺麗だった。
また、SODA SPRINGSからの景色も素晴らしかった。
帰りは、VISITOR CENTERの近くの道路でpick-upしてもらう。
TOULMNE MEADOWSは噂どおり、素晴らしく、ここでも宿泊して、もっとトレッキングをすれば良かったと思う。
SENTINEL BRIDGEより夕日を見る。
6日目
VERNAL FALL & NEVADA FALLトレッキング。
YOSEMITE滞在中でのメイン・イベント。1番良かった。
行きはMIST TRAILを使い、帰りはJOHN MUIR TRAILで。
MIST TRAILは、この時期は台風ではなく、雨程度だったので、VERNAL FALLまでは楽勝。
でも、NEVADA FALL直前の石段は暑さで、死にそうに。
戻るにも戻れない状態で、「ここで倒れたらどうしよう」と本当に思った。
にしむらさん、『ハイキングならヴァーナルとネヴァダ滝をめぐる「ミスト・トレイル(霧のトレイル)がおすすめ。いけるところまでいけばいい。』という部分、訂正必要かもしれない。
夏は暑さで大変なので、石段の前で覚悟を決めましょう!
戻るのなら、ここが最後のポイント。その後は、もう戻れない!!降りるのが怖くて。
でも、登りきると満足感で一杯。
滝の真上から下を見ると、すごい落差。ここは高所恐怖症だと絶対に覗けない!
でも滝の上は皆、リラックスしてのどかな風景。
7日目
ホテルのチェック・アウトを4時まで延長してもらう。
MERCED RIVERで泳いで、AHWAHNEE HOTELで昼食というのが私のプランだったけど、夫が泳ぐよりトレッキングの方が良いと言うので、UPPER YOSEMITE FALLへ。
COLUMBIA ROCKからの眺めが綺麗だった。
滝つぼまで行って引き返そうと思ったが、UPPER YOSEMITE FALLが見えた後は、ずっと上りで滝つぼに行けそうもないので、途中で引き返す。
滝つぼへは、別のルートなのかな?
ちょっと残念。
AHWAHNEE HOTELには、時間が無くて行けず。
この日に行こうと思ってたので、前日までに行くチャンスはいくらでもあったのに行かなかった。
これも、ちょっと残念。
にしむらさんお奨めのテラスでビールをしたかった。
PAROLOR CAR TOURSで帰る。
途中、VALLEY VIEW で10分くらい降ろしてくれたので写真撮影。
ナッツ屋さんで、休憩をし、(具合が悪くなった人を降ろし、救急車に乗せるというハプニングが起こる)SAN FRANCISCOへ。
8日目
SAN FRANCISCOより成田へ。
長ーーい報告になってしまいました。
ここまで読んでくれた皆様、ありがとう。
YOSEMITEは、本当に心洗われる場所です。
そして、フェトンチッドや空気のせいか、慣れないトレッキングなどをしても、全然疲れない。
・・・というよりは、より健康になっていく感覚がわかる場所です。
38歳で結核で死を宣告され、大好きなYOSEMITEの国立公園化に尽力を注ぎ、結局96歳まで生きたという人の話が実感としてわかります。
今年は、10年に1度の水量の多さということで、YOSEMITE FALLSも見れたし、RAFTINGもできました。
今まで行った旅行の中で1番良かったかもしれません。
このサイトに感謝!!です。
Re: ヨセミテでの過ごし方… nona – 2006/07/14(Fri) 00:48 No.209
こんばんは。過去ログNo.82で、いろいろ教えて頂いたnonaです。
フッタ君さんとは、ヨセミテにいる日程がほぼ同じようですね!
私も写真撮影が好きで一眼デジを首にぶら下げて家族4人でウロウロしようと思っています。見かけたら声を掛けてみてください。
Re: ヨセミテでの過ごし方… フッタ君 – 2006/07/14(Fri) 17:12 No.211
 nonaさん、こちらこそよろしくお願いいたします。
 きっと、妻が私のことを「フッタ君」と呼んでいるので、わかると思います(笑)
Re: ヨセミテでの過ごし方… MIYA – 2006/08/03(Thu) 00:03 No.231
フッタ君さん、nonaさんはじめまして。
突然失礼します。
私も13-14日はヨセミテに滞在します。
13日はグランドツアーに行く予定です。
私の知りたい事をほとんど質問されてるので大変助かりました!
男の一人旅ですがもしお会いしたら宜しくお願いします!
Re: ヨセミテでの過ごし方… フッタ君 – 2006/08/23(Wed) 12:31 No.257
 みなさんからの情報を元に、とてもとても楽しんできました。結局、ヨセミテでの行動は以下の通りとなりました。
13日 ヨセミテ着 昼食の後、シャトルバスで渓谷内の地理を確かめる。
14日 グランドツアーに参加。約9時間、バスの運転手がしゃべり続けるが、英語のため、殆ど分からず。ロッククライマーを下から見上げたり、グレーシャーポイント、マリポサグローブなどに行く。
15日 妻と二人でバーナル滝、ネバダ滝をミストトレイルを使って訪れる。
16日 夕方まで買い物と草原のお散歩。夕方はセンチネルドームから夕日を眺める(現地ガイドさんの案内)
17日 午前中、タイオガロードを使ってモノレイク付近までドライブ(現地ガイドさんの案内)
 結局、現地で田中さんというガイドさん(女性)と巡り会うことによって、ずいぶんと楽しむ幅が広がりました。
 田中さんはシーズン中は殆ど毎日ヨセミテロッジに2時頃と5時頃に現れるということです。特に予定がない方は、その時間に「田中さん!」と叫んでみると良いでしょう。


25セント硬貨のデザイン

アメリカの25セント硬貨は「クォーター」と呼ばれ親しまれていますが、数年前からアメリカ各州の独自のデザインのものが順番に発行されていて、来年にカリフォルニア州のデザインのものが発行されるのですが、そのデザインがアーノルド・シュワルツネッカー知事から発表になりました。
それが「ヨセミテ渓谷ハーフドームとアメリカ自然保護の父ジョン・ミューア」なんです。すばらしい!
おしらせいただいた「とし」さんありがとうございました。
詳細はこちら→http://www.yosemite.org/newsroom/clips2004/march/032904.htm

こどもと行くヨセミテ


ル・コンテ記念館で遊ぶ 1997.9
夏休みシーズンは小さな子どもたちを連れたひとたちも多い。ホテル・ロッジ泊の家族、キャンビングの家族、お金のかけ方や過ごし方はそれぞれだ。ヨセミテは子どもたちから、年輩の方まであらゆる世代の人が楽しめる、そして大自然に触れることができるすばらしいところだ。ぜひあなたのこどもたちも連れていってあげてほしい。
ハイキング、サイクリング、ローラースケート、水あそび…、ハーフドームに登る強者のこどもたちもいる。うちのこどもたち(当時7歳と4歳)もヴァーナル滝までのハイキングトレイルを楽しんだ。
国立公園局では、夏休みシーズンは”YOSEMITE GUIDE”でも1ページをこども向けガイドにあて、子どもや家族対象のレンジャープログラムを行っている。
公園内のバスツアーなども子どもが参加しても問題ないし、楽しめると思う。ただし乗馬ツアーについては体格や経験等の問題があるのでツアーデスクで尋ねて欲しい。
ハッピーアイルネイチャーセンターは、子どもむけにヨセミテの自然について、楽しく学べる工夫のされたミュージアムだ。「展示物にさわっちゃいけない」ではなく「Hands On〜実際に手をふれ、子ども自身がアクションしながら学んでいく」考え方でつくられている。またここには小さなブックストアがあり、とくにこども向けの絵本や塗り絵などのワークブック類が充実している。
ル・コンテ記念館はシエラクラブのビジターセンターだが、ここにも小さなこども文庫があって、絵本類のほか、パズルやパペット類などがあって楽しく遊べる。(写真)
Kids Shop〜こども向けのギフトショップはヨセミテビレッジのDegnan’s Deliの1階にある。おもちゃ、動物ぬいぐるみ、絵本、パズル、衣類などもある。ここも訪ねてみよう。こどもにお土産を買って帰る必要のある方もどうぞ。(うちの子はここで巨大な「蚊」のぬいぐるみを買った。何という奴!)