アッカーソン・メドウ自然回復プロジェクト

アッカーソン・メドウはシエラネバダで最大、ヨセミテ国立公園内でも最大の草原である。生態学的にも地域的にも重要な野生生物のコリドーであり、風光明媚な牧草地は、州の絶滅危惧種であるオオコノハズクとコサメビタキ、さらに一連の危機に瀕した野生生物の重要な生息地である。2016年に個人所有から購入され、Trust for Public Lands、National Park Trust、Yosemite Conservancy、American Riversを含む連合によってヨセミテに寄贈された。長さ3マイル、深さ14フィート、幅100フィートにも及ぶ大規模な浸食溝ネットワークは、牧草地群の90エーカーの湿地を流出させ、さらに100エーカーの残りの湿地と湿った牧草地の生息地を積極的に浸食している。このガリーネットワークは、国内の分水、農業、牧場、木材伐採など、100年以上にわたる景観操作の結果である。ヨセミテ国立公園とスタニスラウス国有林は、アメリカン・リバーズとヨセミテ・コンサーバンシーと協力し、アッカーソン・メドウの浸食を減らし、湿地帯の機能を回復させる活動を実施している。

DeepL.com(無料版)で翻訳しました。

詳細ページへのリンク
https://www.nps.gov/yose/getinvolved/ackersonmeadow.htm

オルムステッド・ポイントでのチャコール・ブラスティング

タイオガロードの除雪作業は鋭意進行中です。今年はいつ開通できるでしょう?
「オルムステッド・ポイント」の東側は氷河に削られたツルツルの斜面が続き雪崩が頻発するエリアで、道路上だけではなく上部の雪を全部除去しないと、いつまで経っても道路上に雪が滑り落ちてくるというわけです。
動画では「チャコール・ブラスティング」という、融雪をスピードアップする手法を使っていることが紹介されています。

サンフランシスコ・クロニコル紙記事

サンフランシスコ・クロニコル紙が「National Park Service says Yosemite contractor endangered visitors(国立公園局、ヨセミテの請負業者が訪問者を危険にさらしたと発表)」という記事を掲載しています。
記事によると、昨年ワワナホテルやアワニーホテルでゲストが負傷する事故が発生しており、公園内のホテル、ツアー等の事業者であるYosemite Hospitality(YH)、親会社のAramarkの管理運営の杜撰さが指摘されています。

https://www.sfgate.com/california-parks/article/yosemite-contractor-aramark-endangered-visitors-19449430.php

ヨセミテヴァレーウェルカムセンターがオープン

ヨセミテヴァレーウェルカムセンターがオープンしました!この施設は、ヨセミテヴァレーでのビジターオリエンテーションの新しい拠点です。中央駐車場に隣接するビレッジストアの一角にあるため、ヨセミテビレッジを横断する必要がありません。毎日午前9時から午後5時まで営業していますので、ぜひお立ち寄りください。グレイシャーポイントを見上げる眺めの良い場所です。
旧ヨセミテヴァレー・ビジターセンターは、新しいヨセミテ・エクスプロレーション・センターに生まれ変わります。ヨセミテ・コンサーバンシー・ブックストア、ヨセミテ・シアター、ミュージアムは引き続きオープンしています。
ウェルカムセンターと近日オープン予定のヨセミテ・エクスプロレーション・センターは、ヨセミテ・コンサーバンシーの寄付者の皆様からの惜しみないご支援により実現しました。

(元記事よりDeepL翻訳)
https://www.facebook.com/YosemiteNPS/posts/pfbid02UurGzkmFHyM24hd8wQDSCsGUHv2EUeMheyyTRwf5zN5br3MAvvyLJsxQ4SmG3fNol

マリポサグローブ:シャトルバスの運行中止

10月16日〜27日の間、道路工事のためウェルカムプラザからマリポサグローブへのシャトルバスは運行中止です。徒歩ではアクセス可能で2マイル(約3.2km)、標高差500フィート(約152m)です。

Alert, Severity, information, Mariposa Grove Road and shuttle service will be closed for road repairs October 16-27

Access to the Mariposa Grove trailhead is possible by hiking on the Washburn Trail from the Mariposa Grove Welcome Plaza and Parking (two miles each way with 500 feet of elevation gain).

NPSからの最新情報(Jun.22)

この夏のヨセミテは非常に混雑しています。公園に入るための長い列や、公園に入ってからの駐車場が満車になるのを避けるため、朝8時までに到着しましょう。週末や平日の午前8時以降に到着した場合、以下のことが予想されます:
-入園口で2時間以上並ぶことになります。
-公園内、特にヨセミテ・バレーでは、交通が非常に遅くなったり、止まったりして、さらに遅れが生じます。
-駐車場が見つからない。
-ヨセミテバレー東部へ行くことができません。バレーが満車になると、すべての車はエルキャピタン付近で引き返される。
-シャトルバスは満席のため利用できません(できれば自転車か徒歩で移動しましょう)。
-トレイルでは多くの人を見かけます。
-ビジターサービス施設(ビジターセンター、フードサービス、トイレなど)では行列ができます。
今年のヨセミテは予約不要です。2020年と2021年の夏はパンデミックのため、2022年の夏は重要なインフラ修理のため、多数の主要ビジターアトラクションが閉鎖されたため、予約が必要でした。私たちは何十年もの間、混雑、さらには渋滞と闘ってきました。私たちは、過去3年間のアクセス管理から学んだ教訓を生かしたいと考えています。長期的なビジター・マネジメント計画や今後のパブリックコメント期間に関する最新情報は、https://parkplanning.nps.gov/yosemitevisitoraccess。

【DeepLで翻訳】

最新情報(June 2023)

最新情報のアップが出来ていませんが、Facebookページのほうは順次更新しています。ご覧ください。→
例年にない冬季の積雪量のため、マーセド川の水位は依然として高くなっています。滝の水量も多く、雪解け水で水温も低いです。水辺近くに行かれる方はくれぐれも気をつけてください。ヴァーナル滝、ネヴァダ滝への「ミストトレイル」でも滝からの飛沫や崖を伝って落ちる水で足元がかなり滑りやすくなっています。
タイオガロード、グレイシャーポイントではまだ除雪作業が続いており、開通日はまだアナウンスはありません。