Hitoshi について

西村仁志です。環境共育事務所カラーズ&広島修道大学。

Stephen T. Mather

アメリカの国立公園制度は1872年のイエローストーン、あるいはそれに先立つ1864年のリンカーン大統領によるヨセミテグラントに始まる。しかし公園管理の仕組みが実質的に整っていくようになるのはそれらの半世紀もの後、1916年の国立公園局(National Park Service…NPS)の設置以降である。
NPSの初代長官のStephen Matherは自然愛好家で、しかも経営手腕に優れたビジネスマンから転進した逸材だ。
着任のきっかけは、当時Matherが訪れたセコイヤ国立公園、ヨセミテ国立公園の管理状況がひどかったこと。当時の連邦政府内務長官のFranklin LaneはMatherの友人だったので「せっかくの国立公園の管理は全くなってない、なんとかしろよ」と手紙を書いたら、 Laneから「それならきみがワシントンDCに来て国立公園の仕事をしてくれないか」と返事が来た。それでさっさと事業を整理してワシントンDCに乗り込む。
Matherは新聞記者の経験もあり政界にも通じ、ロビー活動で上・下院議員への国立公園の重要性を訴え、その管理組織としてNPSの設置を議会で認めさせたのである。
Matherの功績のひとつは国立公園へのアクセスを大衆化させたことだろう。イエローストーンにせよ、ヨセミテにせよ、凡そそんな場所は都会から離れた、ものすごい山奥にあって、1900年代に入っても馬車にゆられて何日もかかるような旅は、庶民のものではなかった。
Matherはまず大陸横断の鉄道会社と組んで、「See America First」と銘打った国立公園への旅を売り出す。そして「山小屋」レベルのものしかなかった国立公園内の宿泊施設から、プールやテニスコートなども備えるプレミアクラスのリゾートホテルの建設を行った。
また、この時代は自動車の大量生産がすすみ、マイカーが一気に庶民にまで普及し、そしてインターステイツハイウェイが整備されていく時代でもある。次にMatherは複数の国立公園をハイウェイでつなぎ、次から次へと国立公園を訪ねる旅を可能にした。行く先々でスタンプを押し、ワッペンを買い、御朱印帳のように国立公園を「収集」する楽しみはMatherによって仕掛けられたものだ。

ヨセミテでのスマホ状況(2016.8)

14322317_10209208118592575_9182123955796107449_n

写真①今回から、iPhone SEのSIMフリーモデルになりましたので、日本で使っている「IIJmio(みおふぉん)」のSIM(日本の電話番号が入っている)を外して、

14292463_10209208120072612_7752711687219486127_n

現地のスーパー「Target」で購入した「Net10」のSIMアクティベーションキット(写真②)を購入して、そのうちの「AT&T:NANO SIM」を挿入して設定し、通話+データ50ドル分を購入しました。(30日:3GB+通話し放題)
アンテナピクト画面には「TFW LTE」の表示になっています。
指定されたプロファイルをインストールしましたが、テザリングは使用できませんでした。

14344902_10209208123672702_4820376025180501423_n

写真③日本の電話番号が入っている「IIJmio(みおふぉん)」のSIMは、もう一台持参したiPhone 5c(docomoモデル)に挿入しました。アンテナピクト画面にはローミング先の「AT&T」の表示になっています。設定画面で「モバイルデータ通信」はオフにして、通話機能のみの使用です。渡米中、私の通常の携帯電話番号に電話をかけてきた方はこの電話で受けることになります。(2回、電話を受けたと思います)

電波の状況ですが
・サンフランシスコベイエリアの市街地ではほぼ全域でLTEの表示
・ヨセミテ国立公園内、ヨセミテヴァレーでは3G通信
・ヨセミテ国立公園内、Tuolumne Meadows(キャンプ場)では「E」の表示、すなわち2G通信で、データ通信はほとんど使い物になりません。通話は問題なしです。
・ヴァレー内の「ヨセミテヴァレーロッジ(旧ヨセミテロッジ)」、「マジェスティックホテル(旧アワニーホテル)」、ヨセミテヴィレッジの「デグナンズ」では公園事業者のARAMARKが提供しているフリーWiFIが使えました。

Camp Day-5, Aug.28 Mt.Hoffmann

今回のキャンパーの皆さんからのリクエストは「3000m級のピークへのBig Hiking」でしたので、行き先を3300mのMt.ホフマンと決めました。
朝8時すぎにキャンプサイトをクルマで出発。
14202508_10209080894652056_654288068578676341_n

14089157_10209080894692057_4343265249999319822_n

14202634_10209080894972064_7100865411428987797_n

14199585_10209080895012065_798738713872019590_n

14199234_10209080895452076_1697161449749675887_n14183810_10209080895932088_6158375846206550475_n

トレイルヘッドに8:30着で登山開始。ここがだいたい標高2600mくらい。May Lakeに9:15。さらにそこから約2時間歩いて、ピークには11:00に到着しました!

14079872_10209080895972089_7984147614406642849_n

14141840_10209080895492077_2757632866095039570_n

14183856_10209080896492102_9104302955223136864_n

14184493_10209080896532103_7114805755095143904_n
とっとと下山して14:00すぎにはキャンプサイトでビールで乾杯でした。

Camp day-4, Aug.27 Mono Lake

13879436_10209061346483364_3000991042072673482_n
朝6時30分から朝のお散歩。キャンプ場から川に沿って遡るとJohn Muir Trailに合流。それだけで興奮するキャンパーの方もいる。笑

14102234_10209061346683369_4049817922764462118_n

14063725_10209061347563391_3651673776883701365_n
朝食後、Beth Pratt-Bergstrom主催のテナヤレイク横断水泳大会の応援に出かける。冷たい山上の湖を2キロの遠泳。15人のスイマーほとんどが女性!

14184430_10209080769128918_3444296308405155839_n

14192730_10209080769048916_8238134788708572249_n
午後はタイオガパスを超えてLee Viningとモノレイク方面へドライブ。

14192787_10209080769368924_4732214317608314477_n

14095962_10209080797409625_7626795585216723598_n

14064005_10209080769408925_8703537835790235255_n
お決まりのLatte da Cafeでコーヒー。

14141782_10209080769768934_4908842155262167855_n
Mobil Gas Stationでディナー。

13879439_10209080798289647_1403111973238450118_n
Lembert Domeでサンセット鑑賞。