Hitoshi について

西村仁志です。環境共育事務所カラーズ&広島修道大学。

ヨセミテヴァレーに新ビジターセンターが建設予定

元記事へのリンク

【DeepL翻訳です】

ヨセミテ国立公園のビジターセンターを探すのに苦労していませんか?もっと見やすい場所に、新しいものができます。
ヨセミテ渓谷に1000万ドルをかけて建設される「ウェルカムセンター」は、今秋に着工予定です。
例年、450万人以上の人々がヨセミテ国立公園を訪れますが、その多くは他の州や国から初めて訪れる人々で、アメリカで最も歴史のあるランドマークのひとつであるヨセミテの息を呑むような風景をどうやって楽しむか、方向性を見出そうとしています。
現在、公園管理者とベイエリアの主要な環境保護団体は、ヨセミテ渓谷の中心部に1,040万ドルをかけてビジターセンターを建設することで、彼らの体験を少しでも楽にしようとしています。
今年の秋に建設を開始し、2022年末から2023年初頭のオープンを予定しています。
“サンフランシスコに拠点を置く非営利団体「ヨセミテ・コンサーバンシー」のフランク・ディーン会長は、「ヨセミテ渓谷に到着した人々が、素晴らしい時間を過ごすために必要なガイダンスを即座に得られるようになるでしょう」と語ります。”国立公園局のある副局長の言葉に、『楽しく過ごし、転ばず、何かを学ぶ』というものがあります。新しいウェルカムセンターでは、それを実現したいと考えています」。
ヨセミテの最初のビジターセンターは、1925年にヨセミテ・ビレッジの真ん中に石造りの素朴な建物で建てられました。現在のビジターセンターは、1966年に隣に建てられたものです。最初の建物は公園の博物館となり、現在はネイティブアメリカンの工芸品や絵画、写真などが展示されています。
何十年もの間、人々は車で来て、両方の外に駐車し、中に入ってレンジャーと話し、ハイキングやキャンプなどについて質問し、地図を手にして、748,000エーカーの有名な公園の地質、植物、動物、人間の歴史について学ぶことができました。
しかし、1970年代に公園が混雑対策と交通量削減のためにシャトルバスシステムを導入した際、これらの駐車スペースは撤去されました。現在では、ヨセミテバレーのメイン駐車場から半マイルほど歩いたところにあり、木立やショップ、従業員の住居、公園のオフィスなどに囲まれてひっそりと佇んでいます。
“たまに見つけられない人がいるんですよ。ヨセミテ国立公園のスポークスマンであるスコット・ゲディマン氏は、次のように述べています。歩いていると、いつも “ビジターセンターはどこですか?”と聞かれるんですよ」。
今回の計画では、COVIDパンデミックの影響で一時的に閉鎖されている現在のビジターセンター、博物館、劇場は引き続きオープンします。しかし、新しいビジターセンターがオープンすれば、現在のビジターセンターはエデュケーションセンターとしての性格を強め、おそらくミュージアムと一体化したものになるだろうとディーンは言う。
新しいウェルカムセンターは、ビレッジストアに隣接し、かつてヨセミテ・ビレッジ・スポーツショップが入っていた3,000平方フィートの建物で、メインの駐車場にずっと近いところに設置されます。
このプロジェクトの一環として、屋外の広場も建設され、新しいトイレ、小道、標識が設置されます。ウェルカムセンターでは、レンジャーが質問に答えるほか、情報キオスク、インタラクティブなタッチスクリーン、地図、ガイドブックなど、トレイルやハイキング、安全など公園を訪れる人のための情報を提供する予定だとゲディマン氏は言います。
“5時間も6時間も時間があるんだ、と言って入っていけるようになります。”とゲジマンは言う。何をしたいかを選ぶことができます。レンジャーは、子供たちがジュニア・レンジャー・プログラムに参加したいかどうかを尋ねることができます。ビジターセンターは、安全に関する情報や、川の増水、熊などの情報を得るためにも重要です。
1988年以来、ヨセミテ・コンサーバンシーはヨセミテ国立公園におよそ1億4千万ドルを寄付してきました。これらの寄付金は、ローワー・ヨセミテ・フォール、グレイシャー・ポイント、トンネル・ビュー、オルムステッド・ポイント、ブライダルヴェイル・フォールなどの周辺施設の大規模な改修に使われてきました。コンサーバンシーの大きなプロジェクトのひとつである、ヨセミテ南端のジャイアント・セコイアの林であるマリポサ・グローブのトレイルと施設の4,000万ドルの改修の先頭に立って支援し、2018年にオープンしました。
今年、民間の寄付で運営されているコンサーバンシーは、公園内に1150万ドルを投じます。
新しいウェルカムセンター以外にも、その2021年のプロジェクトは以下の通りです。
ジャイアント・セコイアやシュガー・パインがシエラネバダ全域で前例のない速度で枯れている理由を調査する科学的研究。
Ackerson MeadowとLower Cathedral Meadowの修復。
ヨセミテ・バレーでのカリフォルニア・ブラック・オークの植樹。
1800年代に遡り、ヨセミテの形成に貢献したアフリカ系アメリカ人の調査と物語の紹介、20世紀初頭の日系アメリカ人芸術家でカリフォルニア大学の講師でもあるチウラ・オバタ氏の遺産を祝うイベントとビデオの上映(1885年から1975年までの生涯で、ヨセミテとシエラネバダを描いた有名な版画や絵画を制作
ヨセミテヒキガエル、シエラネバダオオツノヒツジ、シエラネバダアカギツネ、ペレグリンハヤブサ、絶滅危惧種のパシフィックフィッシャーなど、公園やシエラネバダに生息する数多くの野生生物を調査・保護するための科学的研究を行っています。
“ヨセミテ・コンサーバンシーは、より良い展示、より良い施設など、より高いレベルでの活動を行うための余裕を与えてくれます」とゲディマンは語る。

命名されました「Chiura Obata Great Nature Memorial Highway」

密かに、着実に進んでいたプロジェクトがついに成就しました。ヨセミテ国立公園の東ゲートと、麓の町Lee Viningを結ぶハイウェイ120が「Chiura Obata Great Nature Memorial Highway」と名付けられることになったのです。文中に出てくるKimi Kodani Hillさんは私のヨセミテキャンプとハイキングの師匠。チウラの孫娘です。この話の発端から聴いており、昨年もここに至るプロセスが進んでいるということでした。(私も請願書を書きました)(西村)

Geocitiesサイトの復元

日本のみなさん、在米のみなさん
新型コロナウイルスで、制限やら自粛やらでたいへんな状況です。お互いさまですがお見舞い申し上げます。
さて、かつて運用していた「Yosemite National Park/ヨセミテ国立公園大好き!」のGeocitiesでの公開は、昨年3月末で終了したのですが、コンテンツのFTP転送が一年後の今日まで可能となっていました。
そこで、2003年当時のコンテンツを現在のyosemite.jpのなかに復元してみました。なつかしい作りになっていますが、あくまで懐古趣味や参考資料ということで、ご覧いただければと思います。
https://yosemite.jp/geocities/